綿火薬:
1.硝酸セルロースのうち、窒素含有量が多く、火薬とするもの。精製した綿を硝酸・硫酸・水の混液に浸して処理して得る。爆発のとき灰を残さず、無煙火薬やダイナマイトの製造に用いる。火綿。
2.ライトノベル研究所というサイトで生まれたモノカキ見習い。活動時期は主に10月~4月頃。いつも右を見ている(・ω・`) 手を振るときは左を見る(´・ω・)ノシ
~大辞林 第二版 (三省堂)

| ホーム |
Page Top↑